<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

金木犀

昨日は秋晴れの爽やかな1日でした。

朝、部屋の窓を開け放ったら、
部屋中に金木犀の香りが入ってきてくれました。

あー幸せ〜〜〜(≧∇≦)

秋の香りにとても癒されました。

昨年より半月早くに満開です。
一年にほんのいっとき。
はかない自然に癒されます。

b0209033_05343865.jpg


[PR]
by morie-fika | 2014-09-29 03:50 | 季節 | Comments(0)

親子でリトルミー

1カ月健診も無事終わり、
いつの間にか季節が変わってしまいました。

毎日、我が子にいろいろ試して遊んでいます。
赤ちゃんて、察しがいいです。
寝たらあれやろうとか、これやろうとか考えていると寝てくれません。
だからそういうのやめました。
とことん赤ちゃんに付き合うことにしました。
そう決めるて接すると、不思議と寝るんです。
母親の考えていること見透かしているなんて(~_~;)
すごい生き物です(笑)

b0209033_21595776.jpg


今日の部屋着。
親子でリトルミーですo(^▽^)o
[PR]
by morie-fika | 2014-09-20 21:59 | 出産・子供 | Comments(0)

無痛分娩編

今回、私は無痛分娩を希望しました。

理由は、産後の日立ちが早いということと
初産にしては高齢であることです。

両親が他界しているのと、
夫の両親も遠方のため、
産後のお手伝いがない状態。
また、産後約2週間で夫が1週間出張ということもあって、
自分が動ける状態にするしかありませんでした。

もちろんリスクはあるものの、体力温存のために選択しました。
「痛さを味わってこそ」という意見もあると思います。
夫も最初はそんな感じでした。
でも、流産で体験していますし^^;
とにかく、産後のことを考えて選択しました。

結果から言うと、とても良い選択でした。
長い陣痛を薬でコントロールしてもらい、
少しですが睡眠をとって体力温存できました。
私は、どんな分娩でも本人が考えた末ならば
それがベストだと思います。
私から無痛分娩をすすめることはありませんが、
事前に知っていたら……
ということもありましたので、
私はこんな感じだったということを記したいと思います。

******

①料金
私が入院した病院は、HPでも公表していますが、5万円です。
麻酔の管を入れる時間が、時間外または休日だとプラス2万円。
私は休日だったので7万円でした。

②管を入れるタイミング
私は、夕方入院し、入浴と食事を済ませてから背中に管を入れました。
この状態で、すぐに麻酔が入れられる状態になります。

③管を入れる
管は医師が背中に入れてくれ、チューブを背中からお腹の方へ持って来て、パジャマのポケットに入れておきます。
ここから看護師さんが麻酔を入れてくれます。

管を入れる時は、分娩室で横向きに寝て、
海老のように背中を丸めます。
背中側で処置されていたので詳しくはわかりませんが、痛みはほとんどありません。
何をされるのかわからない不安感がありました。
冷たい消毒液に異常に反応してました(笑)
10分もかからずに処置されたと思います。

④麻酔を入れる
あまり早く入れてしまうと、
陣痛が遠のいてしまうらしいので、
10分間隔より短くなる頃までは深い呼吸で痛みを逃していました。
最初に入れるときは助産師さんと相談しました。
次からは痛みを逃すのが辛くなる頃に、
自分でお願いしていました。

ただ、薬が効き始めるまでに15分ちょっとかかりました。
人によるかもしれません。
薬を入れる時は仰向けになり、
入れてから15分は均等に薬をまわらせるためにそのまま仰向けの姿勢を保ちます。
妊婦経験がある方はわかると思いますが、
臨月の仰向けは結構キツイです。

⑤感覚や痛み
薬を入れた後は、ちょっと足が不安定になりますが、歩いくことができます。
薬が効いてきても同じで、
たまに足がかっくんとなりそうになりますが、
自力でトイレにも行けます。

無痛分娩という名前なので、
全く痛みを感じないと思われますが、
それはありません。
陣痛が来ていることもわかります。
薬の切れ具合によってはかなり痛くもなります。

薬を入れるタイミングによっては、
薬の切れかかった時に分娩ということもあり得ます。
私も少し切れかかっていましたが、
完全には切れていませんでしたので、
無痛分娩の意味はあったと思います。

⑥出産
陣痛は感じられるので、息むタイミングは自分でもわかります。
もちろん先生や助産師さんも教えてくれます。
息み方は助産師さんの言う通りにしました。
下腹部の感覚が少ないので、イメージが大切。
歌を歌う時の呼吸に似ていて、横隔膜を下げて、Zでロングブレスの感じで……
と自分なりに消化して息んでいました。
褒められましたよ。

⑦出産後
目的であった出産後の体調回復ですが、
比べる経験がないのでわかりませんが、
早かったのではないでしょうか。
退院3日後には、赤ちゃんを連れて1人で母乳外来に行っていました。
貧血と会陰切開の傷が癒えてしまえば
サクサク動くことができ、夫不在の1週間も何なく乗り越えることができました。

⑧その他
無痛分娩希望でも実現できない場合があると思います。
それは、陣痛が進み過ぎていて、
病院に着いた時には無痛の処理ができない場合です。

2人目だったり、病院までちょっと時間がかかるなどで心配なら計画分娩であれば比較的実現しやすいのではないでしょうか。

うちは誕生日を自分達で決めてしまうことに少し抵抗感があったので、自然に陣痛が来るのを待ちましたが、次はわかりません(笑)


いろいろ書きましたが、あくまで私の体験ですので皆さんが同じでないことはご理解ください。
そして、どんな分娩であれ、本人が考えて選んだ方法が一番です。
外野がとやかく言うことではありません。

無痛分娩で産んでも、赤ちゃんは可愛いものですo(^▽^)o
[PR]
by morie-fika | 2014-09-17 12:24 | 出産・子供 | Comments(4)

産院編(サービスその他)

産院編の続きですが、
その他について。

******

施設と食事以外のことを思いつくままに。

まずは、産院開催の出産前のマミークラス。
前期と後期の2回。
前期は栄養面など。
後期は出産について。
私は仕事をしていて忙しかったので、
後期のみ参加しました。

旦那さんと参加している人は少なく、
ほとんどは妊婦さん一人参加でした。
2組くらいお母様も来ていました。

陣痛からの流れや、入院のタイミングなど
助産師さんからわかりやすく説明してもらえます。
私は無痛分娩希望だったので、
どんな流れなのか確認できてよかったです。
他の妊婦さんともお友達になるチャンスです。


次に母乳について。
こちらの病院では母乳についての指導はほとんどありません。
出産前、出産後、どちらもです。
つまり、母乳推進の病院ではないということです。
母子同室ですが、お願いすれば完全ミルクで退院まで別室もできてしまいます。
出産後何日か後に、ミルク会社からの講習なんかもありましたし、完全母乳を目指す人は、あらかじめ自分で勉強して、助産師さんに強く主張してください。
同院に母乳外来もあるので活用できます。

私は、母乳派でもミルク派でもありませんが、病院での指導はないので、(聞いたら教えてくれると思いますが)自らが動かないと駄目ですね。


次に嬉しいマッサージです。

入院中は無料で2回マッサージが受けられます。
まずは出産3日後にリフレクソロジー。
場所はマッサージ専用のお部屋。
時間は50分くらいです。
好きなアロマを選んで、主に背中と首を中心にオイルマッサージしてもらえます。
9カ月ぶりのうつ伏せを堪能(笑)
この時初めて気がつきましたが、出産で息んだせいて、首と背中が筋肉痛でした。
何か痛いと思ったら……

4日後にはロミロミ。
場所はお部屋で、足湯の後、膝下と足裏のマッサージ。
時間は50分くらいです。
b0209033_09435981.jpg


これはとてもありがたいのです。
出産後、体内の水分バランスが崩れるのですんごく浮腫むんです。
もう、今までにない浮腫みで、足なんてまるで象の足です。
b0209033_09464675.jpg

私は出産後1週間ちょっとで自然に治りました。
知ってはいたので、ビーチサンダルを履いて行ったのですが、退院のときはそれすらキツかった。
退院時はゆっるゆるの靴がオススメ。


こんなところかな。
また思い出したら書きます。

iPhoneより投稿


[PR]
by morie-fika | 2014-09-14 10:05 | 出産・子供 | Comments(0)

産院編(お食事)


昨日の1カ月健診、
私に多少の貧血があるものの、
母子共に順調でした。
産院には1カ月の赤ちゃんがたくさん〜
我が子が色白だということがわかりました(笑)

*****

つづいて、驚きの食事です。
病院とは思えない、
とんでもなく贅沢な食事です。
朝食、昼食、夕食、おやつ。
全てが素晴らしい(≧∇≦)

何も言うまい。
写真でどうぞ〜

b0209033_20000166.jpg

b0209033_20002689.jpg

b0209033_20004318.jpg

b0209033_20010967.jpg

b0209033_20012975.jpg

b0209033_20014837.jpg

b0209033_20020521.jpg

b0209033_20022985.jpg

b0209033_20024264.jpg

b0209033_20030679.jpg

b0209033_20033160.jpg

b0209033_20035529.jpg

b0209033_20060982.jpg

b0209033_20062347.jpg

b0209033_20064014.jpg

b0209033_20070354.jpg

b0209033_20385933.jpg


お品書きもあります。
何だか夫に申し訳ないくらいの豪華さ。
夫は私の料理をつまみながらお惣菜を持ち込んで食べていました(笑)

最後の日に出たお肉料理。
フォワグラとトリフがのってました〜
驚き!

b0209033_20072666.jpg


iPhoneより投稿
[PR]
by morie-fika | 2014-09-10 19:56 | 出産・子供 | Comments(0)

産院[ベリエの丘クリニック]編(診察と施設)

今日で赤ちゃんも1カ月になりました〜
いやー、この1カ月はやかったな(≧∇≦)
何日か前から目で人を追うようになり、
一人でいてくれる時間もあるので、
合間に家事ができるようになってきました。
今日は1カ月健診ですo(^▽^)o

******

さて、産院編です。

妊娠がわかった時、
出産する病院をどこにするかは決まっていました。

家から最も近いできたばかりの産院。
理由は2つ。
夫が不在の場合自力で行けること。
また、具合が悪いときでも通院しやすいこと。

流産したときに通っていた産院は、
ちょっと遠くてツワリで通うのが大変だったんです。
たまたま近くに産院ができたのでラッキーでした。


場所がわかってしまいますが、
東京都稲城市にあるベリエの丘クリニック
というところです。

結果から、

100点満点…それ以上です!


まず、診察ですが、
9カ月ものお付き合いになるので大切です。
3人の先生と多数の助産師さんで行われます。
先生と会うのは最初と最後の方だけで、
それ以外は助産師さんの診察です。

ずっと同じ先生や助産師さんにみてほしくて、
同じ先生や助産師さんに取り上げてほしいという人は向かないかもしれませんね。
でも、誰に当たっても分かりやすく親切な診察ですし、
院内の連絡が徹底しているので大丈夫です。

診察は全て予約制なので、
待ち時間は全くありません。
内容によりますが受け付けから支払いまで、
30分〜50分くらいかな。
具合が悪いのに待つは大変。
とてもスムーズな診察です。
ちなみに、支払いはカード払いができます。
かなり楽です。
診察時間が読めるので、その後の予定も入れやすいです。


次に施設。
できたばかりの産院だけあって、
とても綺麗です。

b0209033_10335586.jpg


これは診察ロビー。
病院全体が白とダークブラウンが基調で、
とても病院とは思えない雰囲気です。

病室は全て個室です。

b0209033_10433718.jpg


各部屋はハーブの名前がついていて、
私はマンダリン。

b0209033_10361705.jpg


ベッドはダブルベッド。
入院初日は夫も一緒に泊まりました。
特に許可はいりません。
病室というより、ホテルです。

b0209033_10375351.jpg


部屋にはソファーがあり、
お客様もくつろいでもらえます。
食事はここで食べていました。

b0209033_10330447.jpg


お部屋の洗面台。
まるでホテルです。

b0209033_19450779.jpg


各部屋にシャワールームがついています。
このシャワールーム、妊婦にとてもやさしく、
イスの高さが絶妙。
高めでとても座りやすい。

b0209033_15214346.jpg


これはコミュニティルーム。
私は全食部屋食にしてしまいましたが、
朝食をここで食べる人もいるみたい。

b0209033_15240820.jpg


暑くて外には出なかったけど、
季節がよければテラスもあり。
各部屋にもテラスがついています。


アメニティなどの紹介。
この産院からは、入院は身一つでどうぞと言われました。
事前にどんなものがあるかリストはいただきました。
確かに、普通必要とされるものは全て揃っています。

b0209033_15123200.jpg


アメニティは、旦那さんの分までついていました。
シャンブー、リンス、ボディーソープはもちろん、
化粧落とし、洗顔フォーム、化粧水、乳液、ボディーオイルまでありました。

b0209033_15261717.jpg


パジャマや産褥ショーツも常に4枚以上あります。
私は、入院した日の陣痛中は暑くて汗をかいてしまい、
パジャマを3回も着替えました。
何回でも着替えられるし、
夫に洗濯をお願いしなくて済むので、
とても楽でした。
何と言っても、パジャマを買わなくて済むのは経済的。
産褥ショーツは、下着だしどうかなと
思われるかもしれませんが、
産前産後に産褥ショーツを直に履く方はいないはず。
必ずナプキンを当てるので、気になりませんでした。

b0209033_16070557.jpg


ナプキンも各種大きさがあり、
毎日補充してくださるので、
頻繁に取り替えることができます。

b0209033_15381715.jpg


お茶も用意されているので、
お客様が来てもくつろいでもらえます。
もちろん自分も飲めます。

b0209033_16062038.jpg


冷蔵庫には無料の水500mlのペットボトル5本とジュースのパック2本が入っています。

部屋の掃除は入院中に1回。
アメニティやパジャマなどの補充は毎朝でした。

私が持ち込んだのは、
体を洗うナイロンタオル、
ペットボトル用ストロー、
水やお茶のペットボトル、
小さいタオルケット
これだけです。

b0209033_15425906.jpg


これは時期によると思うんですが、
真夏だったので、布団では暑くて、
タオルケットが欲しかったんです。

とりあえず持っていくのではなく、
足りなかったら持って来てもらう
のでよいと思います。

本当に家やホテルのようにくつろげます。
ホテルもビジネスホテルを越えます。

b0209033_16025541.jpg


夫はパソコンを持ち込んで仕事をしていました。

とまあ、こんな感じで
とても病院にいるとは思えないくらい。
普段から引きこもり気味の私は、
病室からほとんど出ずにくつろいでいました。

つづく

iPhoneより投稿

[PR]
by morie-fika | 2014-09-10 09:25 | 出産・子供 | Comments(4)

出産編(その2)

間があいてしまいました。
なかなか時間が自由にならないもので(~_~;)
PCからは諦めて、iPhoneから投稿します。

さて、つづきです。

助産師さん一人でてきぱきと
分娩室の準備。
準備が整い息むこと数回。
助産師「逆旋回かも…」
と言って、先生を呼びに。

先生が登場し、診察。
先生「逆旋回だね」

いわゆる”旋回異常”というものです。
赤ちゃんは回転しながら出てくるのですが、
その回転が逆になってしまっている状況。
普通は顔が下向きで出てきます。
ところが上を向いて出てこようとしているらしいのです。

何がいけないかっていうと、
通常旋回でぎりぎり骨盤を通過できるところが、
逆旋回になってしまうと、
骨盤と頭の大きさが合わなくて
突っかかってしまうんです。

先生は手を突っ込んで
赤ちゃんの頭をつかんで
逆方向にぐりぐり回す回す。
そのうち鉗子(かんし)なるものが登場し、
ぐりぐりーぐりぐりー。
息みに合わせて赤ちゃんの頭を引っ張ろうとする。
これほど無痛分娩にしてよかったと
思うことはありませんでした(ーー;)

そんなことを続けて約2時間。

一度、横向きになって赤ちゃんがひっくり返るのを待つことに。
全てのスタッフが分娩室から出て、私と夫だけ取り残されポツーン。。。
左向きで寝ること40分。

先生の内診で、やっぱり逆旋回は直っていない様子。
ここで先生が、
「次、ラスト1回チャレンジしてみて、駄目だったら帝王切開にしましょう」と。

嫌だーー…>_<…
何がって、初めから帝王切開ならまだしも、
ここまで頑張って帝王切開だなんて…

しかしながら、
分娩室のスタッフの空気は何となくネガティブな空気で、帝王切開ムード。
私ももう1回頑張って駄目なら仕方ないやと腹をくくりました。

そして、ラスト1回。
正直、麻酔が切れかかっていたので追加してほしかったけど、
帝王切開になると麻酔が必要なので、見送りに。
仕方ない…>_<…

息みと同時に女性の助産師さんが私のお腹を上から押す!
やっぱり駄目か…
と思ったら、先生からもう1回の声。

すると、助産師さんに代わって、
どこからか男性がやって来て、
今度は男性が押す!





出たーーーー!



分娩室に入ってから約3時間の出来事でした。
陣痛からは15時間。
初産としては平均的な時間らしいですね。

とにかく、帝王切開にならなくて良かった〜…>_<…
出産後は疲れ果てたのと、貧血が酷くて気持ち悪く、生まれたての赤ちゃんを抱っこできませんでした。
代わりに夫が抱っこしてくれていました。

とまあ、出産はこんな感じでした( ´ ▽ ` )ノ

b0209033_14183166.jpg


後日談ですが、
担当してくださった助産師さんに、
最後に登場して私のお腹を思いっきり押して去って行った男性は誰かとたずねました。
すると、

「あれは、帝王切開をするために呼ばれた医師です」

と((((;゚Д゚)))))))

本当に帝王切開目前だったんだ……


次は、産院編にしようかな。

iPhoneより投稿

[PR]
by morie-fika | 2014-09-07 04:29 | 出産・子供 | Comments(2)


子育て、仕事、合間にヴォーグ学園で編み物の勉強(現在休学中)。全て手を抜いて全力!エストニア、フィンランド、スウェーデン。北欧好き。編み物や手作りの北欧時間をご紹介。


by morie-fika

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
編み物(完成記録)
編み物(経過)
編み物(ブックレビュー)
編み物(着用レポート)
編み物(その他)
ヴォーグ学園
手作り
食器
フルーツ
旅行
季節
食事
レシピ
ランチ・お弁当
常備菜
スイーツ
Tea
読書
出産・子供
ベビー用品
ムーミン
お店
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

Lenssongs
Selfish Life
1/f breeze
kitchen diary
Crochet a li...
ecca works

最新のコメント

>はるちゃん様 は..
by morie-fika at 13:04
はじめまして。 棒..
by はるちゃん at 17:12
>patrack-s様 ..
by morie-fika at 01:36
わわわ! とっっっても..
by patrack-s at 10:38
>あやの様 是非チ..
by morie-fika at 00:15
moriefikaさま ..
by あやの at 11:36
私が子育てと両立していた..
by morie-fika at 11:10
>あやの様 メッセ..
by morie-fika at 11:09
こんにちは。ヴォーグ学園..
by あやの at 21:55
>ココちゃんママ様 一..
by morie-fika at 19:26

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

もうすぐ七五三
at 2017-06-25 09:30
久しぶりの手作り
at 2017-06-15 12:55
歌仲間と家ランチ
at 2017-06-13 21:35
久しぶりの自由が丘
at 2017-06-10 14:56
久しぶりのジャーサラダ
at 2017-06-06 11:20
自分の健康も
at 2017-06-02 13:11
充電
at 2017-05-31 14:21
次女6カ月
at 2017-05-30 05:32
夢叶う
at 2017-05-24 08:58
ランチと虹
at 2017-05-19 09:55
鳥レバニラ炒め
at 2017-05-17 12:48
何でもないけどイチゴタルト
at 2017-05-15 21:52
うた友とランチ
at 2017-05-14 13:38
あらら
at 2017-05-05 07:59
また手を痛めました
at 2017-04-25 13:31
誕生日
at 2017-04-20 01:46
亀さんのおかげ
at 2017-04-16 07:21
ほんと尊敬する
at 2017-04-15 06:14
長い長いパンデミックだった
at 2017-04-10 04:27
マリメッコ
at 2017-04-02 09:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
スクール・セミナー

画像一覧