<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4日目フィンランド(買い物編)

9月26日(日)天候は曇り


この日は、夕方から船に乗ってスウェーデンに移動するので、あまり遠くにも行けないということで、フィンランドでのお買い物を楽しむことにしました。

b0209033_1754464.jpg
まずは、ホテル前から6番トラムに乗って30分、終点手前のアラビア駅まで。








b0209033_1761657.jpg
アラビア社のファクトリーアウトレットでお買い物。
アラビア社は、フィンランドを代表する陶磁器メーカーのひとつ。
今は、イッタラ(iittala)グループの子会社となっています。
ほかに、ハックマン、ボダノバ、ホガナス・ケラミク、ロールストランド、ホヤング・ポラリスなどが子会社となっています。







b0209033_1765490.jpg
店内は広々としていて、私好みの陶器がたくさん。目がハートです。
夫も陶器が好きな方なので、あれもこれもといろいろお買い物。
義両親は半ばあきれ気味。
どうやって持って帰るのか……と。
背負いますよ!背負うためのバックも持ってきたし、ゴロゴロ付きのバックもあるし、緩衝材(プチプチ)だって日本から持参しましたから!!

b0209033_17133773.jpgb0209033_17134317.jpg















どうしましょう、どうしましょう。
ものすごくテンションがあがります。
普段ほとんどテンションがあがることのない私ですが、久しぶりに急上昇です
どれもこれも買いたいものだらけで困ります。
でも覚悟はできています。何としても背負って帰るのです!

約1時間30分ほど店内をぐるぐるぐるぐる。
在庫が切れているお皿があったので、店員に英語で交渉したりして、普段の私では考えられない行動力を見せたので夫は驚いたことでしょう。
それほど、今回の旅行では陶器の買い物に力を注いだのです。

後のスウェーデンでの買い物も考えて少々控えめに。
それでたくさん買いました。品物はまた後で公開

この買い物では、「TAX FREE」を使用しました。
海外で買い物をした場合、国によっては一定の手続きをすると消費税、付加価値税などが戻ってくる場合があります。
フィンランド、スウェーデンでは、「TAX FREE」の看板やレジで表示があるお店では、40ユーロ(約4,320円)以上の買い物をした場合、「TAX FREE」が使用できます。
つまり、免税店で買ったのと同じ値段になるわけです。

ただし、一度税金を含めた金額を支払います。
また、お店で梱包された商品を開封してはいけません。
梱包した商品には、「TAX FREE」の登録番号のシールが張られ、証明テープがぐるぐる巻きにされます。
旅行中に開封したり、使用したりすれば税金は戻ってきません。

b0209033_17164687.jpg
この梱包したものは、最後の国スウェーデンの空港で手続をした後なら開封可能です。
でも、たぶんこのまま機内持ち込みになると思います。陶器ですしね。
日本から緩衝材を持参しましたので、この上からくるみます。



午前中いっぱいアウトレットにおり、この荷物を背負って昼食です。
フィンランド最後ということで、お昼はマクドナルドにしました。

b0209033_17181425.jpg
やっぱり御当地ハンバーガーを食べたいということで、ライ麦パンのハンバーガーを選びました。
とてもマクドナルドの商品とは思えませんが(笑)
パンはちょっとかためでしたが、なじんでくると食べやすいです。
ビッグマックやチーズバーガーなどは、日本の物とかわりありませんでした。








b0209033_1719674.jpg
ムーミンファクトリーで買い物をしたころにはもういい時間。
そろそろ船着き場に移動です。












フィンランド最後の買い物を済ませ、17:00ヘルシンキ発の船「タリンクシリアライン」に乗船します。

b0209033_1719545.jpg
これから13時間かけてスウェーデンに向かいます。飛行機でも良かったのですが、ちょっとリッチに船にしてみました。
もう二度とないかもしれないこの船旅を楽しみます。

乗船したのは15:30くらい。そこから出発まではお茶でもしての~んびりします。


b0209033_17213224.jpg
まずは、船室にトランクを運びます。どの階も同じ景色で困ります。こんな感じに長い廊下が続いていて、迷子になりそうです。












b0209033_172154100.jpgb0209033_1722848.jpg















左 ちょっと暗くてわかりにくいですが、お部屋はこんな感じ。
常設のベッドに簡易ベッドがひとつ。
簡易ベッドをおろすとトランクを広げるスペースはありません。狭いです。

右 船内スペース。両脇の上に飛び出しているのは内側の各部屋の窓です。
私の部屋は外側だったので、窓からは海が見えます。

両脇にはお店が入っています。お土産物、洋服、バッグなどなど。
海外ブランドのお店が並びます。商品は免税です。
喫茶店、レストランもたくさんあります。奥にはパブ。
別の階にはスパ、サウナ、美容室もあります。
下の階にスーパーマーケットがあるらしい。行かなくては!

b0209033_17233797.jpg
夕食までデッキに出て外の風に当たりました。水平線と雲の間に夕日が落ちて綺麗でした~








b0209033_1724113.jpgb0209033_17253589.jpg
いろいろなお店があったので悩みましたが、夕食はブッフェにしました。
予約制で17時と20時。
17時は混雑してそうでしたので、20時に予約を入れました。











b0209033_17255973.jpg
これでもかというくらいサーモンをいただきました。























b0209033_17262091.jpg
夕食後、スーパーマーケットに行きました。
お酒、チョコレート、お菓子などお土産品が多かったです。

水着も持ってきていましたが、サウナやスパは有料なので、やめておきました。
お部屋でくつろいでました。
暇なのでPCでビデオをを見ながら……

そして、ここは海の上ということで、思いっきりカーテンを開けたまま着替えたりできました。
なかなか楽しい。

寝て起きたらスウェーデンです♪

つづく
[PR]
by morie-fika | 2010-10-21 17:28 | 旅行 | Comments(0)

3日目エストニア

9月25日(土)天候は晴れ


この日は、日帰りでエストニアの首都タリンを訪れました。正確にはエストニア共和国。
バルト三国のひとつで、三国(ラトビア、リトアニア)の中で、一番北に位置しています。ヨーロッパの避暑地として知られています。
フィンランドからとても近く、高速船だと1時間30分で着いてしまいます。「SAKU(サク)」という地ビールが有名で、税金も安いことから、フィンランドの人がビールを大量に買って帰っていました。

私が人生初の海外旅行で訪れた地が演奏旅行で訪れたエストニアでした。
その頃は、「どこ?アフリカ?南米?」とか良く聞かれました。
街を歩いていても、東洋人に会うことはまずなく、わりとジロジロと見られていたことを覚えています。
その3年後に再び訪れたときには、TVなどで取り上げられたり、旅行会社がツアーを組んだりしていたこともあって、日本人が多くなりました。その頃には、日本円からの換金も可能になっていました。
ということで、今回は3回目のエストニアになります。

b0209033_14163082.jpg
10:00ヘルシンキ発のリンダラインという高速船を使って向かいます。乗り場は、ヘルシンキの中心部からすぐのところにあります。以前は出国・入国の審査が必要だったのですが、今はシェンゲン協定のおかげで審査が不要になりました。本当に国内観光のような感じです。

b0209033_14172243.jpg

船着き場から歩いて10分、旧市街地入り口の城壁。左側の円形の建物は「ふとっちょマルガレータ」というそうです。

城壁に囲まれた旧市街地は、世界遺産に登録されています。端から端まで歩いても2.5キロしかないので、1日で観光することが可能です。でも、じっくりゆっくり見たい人は宿泊がおすすめです。

b0209033_14191150.jpg
入り口からすぐのところにある「聖オレフ教会」
この協会は登ることができます。
以前来たときは、2回とも演奏旅行だったので、ほとんど観光はできませんでした。
この教会にも登ったことがなかったので、早速登ってみます。









b0209033_14231517.jpgb0209033_142322100.jpg















この小さいドアから入ります。
永遠石の階段が続くのですが、これは登りも下りも同じ階段。
つまり、降りてくる人がいる場合は道を譲ります。体の大きい人が降りてきたときは大変です( ;^^)登ること5~10分。石段の高さが一定でないので、かなり足にきます。

b0209033_14263894.jpg

てっぺんから旧市街地の眺めです。
赤い屋根が可愛いです。タイムスリップした気分です。
いつまで眺めていても飽きることがありません。うっとりです。
反対側には、新市街地が見え、旧市街地とは全く違ってかなり近代化が進んでいるようです。
旧市街地と新市街地との対比もまたおもしろかったです。

b0209033_14282369.jpg
旧市街の中心にある、ラエコヤ広場。
路地とは違い、とても賑やか。屋台などがあります。
民族衣装を着た人がたくさんいて、イベントなども行われています。



b0209033_1430124.jpg


売り子の女の子が可愛い~(>_<)
北欧の子供ってほんとに綺麗!清潔!可愛い!!
どの子供に出会っても、本当にお人形さんのようでした。











b0209033_1433837.jpg
この頃お昼を過ぎていたので、「クルドゥッセ・ノッツクルク」というエストニア料理のお店でランチ。
このお店は、初めてエストニアを訪れた時に、アテンドをしてくれたエストニア人の人に教えてもらった美味しい豚肉料理を出してくれるお店です。
久しぶりに行ってみて、あー懐かしいと思わず口にしてしまいました。








b0209033_14341856.jpgb0209033_14342914.jpg















内装もとっても可愛い~。窓辺も素敵でしょ。
店内には、エストニアの民族衣装を着たお姉さんがいらっしゃいました。

b0209033_14385170.jpg
こちらはトイレのドア。
民族衣装を着たお人形さんが飾られていて何もかも可愛い!







b0209033_14412376.jpg
こちらは、豚肉のいろんな部位をローストしたもの。
2人前の料理でおすすめだと言うから頼んでみたんだけど、どう見ても4人前なのです。
肉ばかりこんなに食べられるか!とか思いましたが、外側がぱりぱりで中が軟らかく、とても美味しかったので、 4人で何とか食べました。


b0209033_1442307.jpg
こちらはスープと豚肉のサーロイン焼き。
2人前がこんなに多いのなら、これは必要なかったと後悔しました








つづいては、食後の運動で旧市街をぶらり。
b0209033_14443955.jpgb0209033_14444693.jpg















道を歩くだけで絵のような景色に出会えて、楽しい街です。
細い道が入り組んでいるので、思いつくままに歩いてみるといいです。
ただし、またあそこの道に行きたいと思っても、なかなかたどり着けない街です( ;^^)

今回夫の仕事道具である楽譜を買いにエストニアに訪れました。
しかし、もう何年も前に1度行ったことがあるきりのそのお店が見つかるかどうか……
まあ、なければまた来るさって言っていましたので、出会えたら買おうくらいの気持ちのようです。
さて、見つかるのでしょうか。

b0209033_14472813.jpg
旧市街地は、このような城壁で囲まれています。
近くに行くと、かなりの高さがあります。







b0209033_14493558.jpg
フィンランドと同じく、こちらも紅葉が始まっていて、落ち葉が綺麗でうっとりします。














b0209033_1452775.jpg
この路地は、思い出の場所です。
旧市街地の路地の中でもとても有名で、初めて訪れたときから大好きになりました。
この路地に行きたくて、かんを頼りに夫とてくてく、てくてく。
こっちじゃない?
てくてく…このへんじゃない?

あった~!!

再び訪れることができて、本当によかった。



b0209033_14552778.jpg
この路地を抜けたところが、セーター売り場街。
手作りの北欧セーターを売っています。セーター1枚日本円で6,000円~8,000円です。
同じような物がフィンランドやスウェーデンでも売っていますが、物価が高いので、エストニアで買った方がお得。




b0209033_145621100.jpg
しかし、この柄は、なかなか日本で着こなすのは難しい( ;^^)
しかも、こちらの冬をしのぐセーターなので、かなり分厚く重たい。
上から着るコートに余裕がないと着られないので、今回は買いませんでした。




そうこうしている間に、あっという間に夕方に。

b0209033_14582962.jpg
17:00タリン発のリンダラインに乗って、ヘルシンキに戻ります。







b0209033_14585132.jpg

少し時間があったので、ヘルシンキで夕暮れの大聖堂に寄って写真を撮りました。前日は曇りだったので、残念なシルエットだったのですが、この日はとても綺麗でした。







さて、そろそろ夕食です。

b0209033_1504188.jpg
お昼の豚肉の大打撃で、夕食は簡単にすませようということになり、スーパーでお買い物。
基本的な配置は日本とさほどかわりません。
入り口付近に果物、野菜、肉、加工食品、乳製品……といった感じ。
一番違うことは、果物、野菜は全て量り売りだということです。


b0209033_1511382.jpg
日本では、猛暑の影響でトマトの価格が高騰していますが、こちらではかなりリーズナブル。
しかもこの量。
日本のように、色の薄いトマトなんて存在しませんでいた。
完熟してから収穫しているのでしょうね。



b0209033_1524080.jpg
欲しい分だけビニールに入れたら、この量りにかけてボタンを押すとバーコードが出てきます。
それを貼ってレジに持って行きます。
バナナだって、1本ちぎって買えます。
袋売りでないパンも同じ方法で買います。

やっぱり果物がすごく多いです。いいな~。
日本人は果物が高いから食べないのですね。

もうひとつ、日本と大きく違うのは買い物かご。
日本では、手で持つかごと、かごを二段に乗せるカート、場所によっては特大の子供が乗れるタイプのカートがあるのですが、まずかごを二段にのせるカートは存在しません。
それから、特大のカートは有料です。
子供用の小さいカートがある店もありますが、それも有料です。
料金は1ユーロ(約108円)。
カートにコインを入れるところがあって、そこにおかねを入れてカートの鍵を解除します。

でも、そうなるとたくさん買い物する人や思い物を買う人は困るので、こんな物があります。

b0209033_1552144.jpg
かごそのものにタイヤがついていて、引っ張ることができます。
このかごの存在に気づかず、惜しいことをしました。
是非引っ張りたかったこの旅中に必ず挑戦しようと誓いました(笑)
これ、すごくいいアイディアだと思います。
日本でもやってくれないかな。
絶対楽しいと思います!

b0209033_1571475.jpg
驚いたのは、ハムとチーズの種類の多さ。
これはハム売り場。
奥の奥まで全てハムです。
生肉よりたくさんあったと思います。
この中からお気に入りの物を探すのは大変かもね。

b0209033_1584616.jpg


そして、こちらはチーズ売り場。
圧倒されます。










b0209033_159394.jpg
で、この日の夕食はこれ。
ハムもチーズもありません(笑)
私は、ブルーベリーと青リンゴ、ヨーグルトです。
このスナック菓子は夫が買ったのですが、さすがに食べきれませんでした。
お味は、いたって普通のポテチでした。


つづく
[PR]
by morie-fika | 2010-10-20 15:11 | 旅行 | Comments(0)

2日目フィンランド

9月24日(木)天候は曇り


朝6:30からゆっくり朝食をとり、8:30にホテルを出発。
最初の目的地は、地下鉄で10分弱のハカミエニ市場。

この日は、1日ヘルシンキ市内を観光する予定なので、このカードを使います。

これはヘルシンキカード 34ユーロ(約3,600円)。最初に使用した日時から24時間の間、ヘルシンキ市内のトラム、バス、電車、フェリー、博物館など(指定されたもの)がですべてただというすぐれもの。これはただの紙で、最初に使用するときに日時と名前を書き込みます。時折やってくる検閲で使用開始時の書き込みがないカードを使用していると、罰金80ユーロ(約8,600円)だそうです。

ハカミエニ市場までは、トラムでも行けるのですが、地下鉄に乗ったことがなかったので地下鉄に挑戦。
駅近くのルホラハティ駅から4駅先のハカミエニ市場へ。


真っ赤な車両、中も真っ赤っか。
運転していたのは女性運転手でした。ヘルシンキでは、公共交通機関の運転手が女性というのをよく見かけます。特にトラムはほとんどが女性運転手でした。おばちゃんからお姉さんまでいました。


b0209033_1254507.jpg


b0209033_12552573.jpgb0209033_12553351.jpg















電車の中には、こんな感じで新聞が手すりにかかっています。みんな自由に読めます。そういえば、昨日乗ったバスにも新聞を置くところがありました。親切だわー。フィンランド語はわかりませんが、中をパラパラ見ていると、『平成狸合戦ぽんぽこ』の広告が!すごいな~宮崎アニメ。

b0209033_12571875.jpg
エスカレーターで地上へ。フィンランドのエスカレーターは、早い!早い早い!そのかわりガタガタ音がしますけど…。ちょっと怖いんですけど。













b0209033_1315689.jpg
b0209033_1258638.jpgb0209033_12581953.jpgb0209033_12583780.jpgb0209033_12584938.jpg
b0209033_1324273.jpg
ハカミエニ市場
主に生鮮食品を売っていました。
おそらく時間が早かったのだと思います。
もう少し経てば、民芸品などのお店も出るんだと思います。


果物が多くて安い!特にリンゴとベリーの種類が多いです。
山もりのベリーは、すんごく酸っぱい。お姉さんが味見をさせてくれました。主にお肉料理にかけるソースとして使うそうです。単調な肉の味に酸味と甘さが加わるので、美味しいです。初めて口にしたときは、うーん微妙と思いましたが、なれると美味しくなります。

ナスとキュウリが大きくてびっくりしました。





















































b0209033_13336100.jpg
トラムに乗って次の目的地へ。トラムは、ドアの外側にあるボタンを押して自分でドアを開けて乗ります。降りるときは手すりにあるボタンを押すと、近くのドアが開きます。降りる人がいれば、外側からボタンを押す必要はありません。チケットを買う場合は前の運転席のところから乗って買いますが、それ以外の場合はどこから乗っても大丈夫。

この国の交通機関は、アナウンスをしてくれません。電光掲示もあるものとないものがあるし、表示も出たり出なかったりで信用ならない。何駅目で降りるという方法もありますが、確実ではないです。なぜなら、降りる人も乗る人もいない駅は無言で通過するので、知らないうちに駅を通り過ぎていることがあるので、なかなか難しい。

では、どうしたら目的地で確実に下車することができるのか。それは、周りの地形や建物の風景を覚えるほかない!つまり、初めての場所に行くときはたーいへん。なかなか観光客に優しくない街です(笑)
日本って親切なんだなと思いました。バスなんかは、「○○です。××に行かれる方はこちらで下車してください」とかいうアナウンスがありますものね。やりすぎな気もしますが、初めて乗るのであればとっても親切です。

b0209033_1345290.jpg

ヘルシンキ大聖堂。築150年以上で福音ルター派の総本山だそうです。
この日は曇りだったので残念。晴れていたら青空に浮かぶ白い建物を見られたのに。また晴れている日に来れたらいいな。前の広場に変な熊の像がいたので、一緒に撮ってみました。何かのイベントだったみたいです。歩いて移動。

b0209033_1354984.jpg
ウスペンスキ寺院。西ヨーロッパ最大のロシア正教教会。
ロシア正教の教会に初めて入りました。ずっしり重い空気を感じます。












b0209033_13132878.jpgb0209033_13133957.jpg















喉が渇いたので中央マーケット広場のインドア市場でお茶タイム。椅子席が空いていなかったので、立ち飲みで。
しかし、北欧の人は背が高いので、私が使うとこんなことになってしまいます(笑)ちなみに私は154センチ。
トイレの便座も足が届かないし、ホテルのドアについているのぞき窓にも全く届かない。頭のてっぺんより上にのぞき窓があるのです……。主人に聞いたら、男子トイレは下まで便器がなく、しかも高い位置に便器が付いているので、背の低い人は無理かもって言ってました。個室に入るしかありませんね…。
主人は日本でも背が高いほうで、昨晩のレストランのご主人に、「日本人なのに背が高いんだね」と言われていました。しかし、こちらでは普通より少し小さく見えるからすごい。では……私は…ハハハハ。

b0209033_1320380.jpg
中央マーケット広場(屋外)では、近くにいつも大きなカモメがいます。『かもめ食堂』のかもめはここからきています。人間が落とした食べ物とか、マーケットの食材をじかに食べたりもしてました。












b0209033_13204390.jpg
これは、『かもめ食堂』で無くなってしまったトランクの中に入っていた奇妙なキノコ。すごくいいキノコの香りがします。






b0209033_13351843.jpg
ちょっと買い食い(笑)
このパエリアにベリーのジャムがかかっています。これにもかけるのかぁ。
パエリアをぱらりと下に落としてしまい、鳩とカモメが群がってきて焦りました。。。





b0209033_13215986.jpg
お花が鮮やかですごくきれいです。海外に行くと、お花がとても鮮やかにみえるのですが、どうしてなんでしょうかね。







次は、フィンランディアを作曲したシベリウスを記念した公園に向かいます。しかし、やっぱりやってしまいました。トラムを3駅も乗り越してしまいました。まあ急いでいないので歩いて戻ります。

b0209033_13273090.jpg
シベリウス公園の近くにはマンションがたくさんあるのですが、このテラスをよく見かけます。流石に冬が長い北欧は、テラスもガラス張り。冬でもテラスに出られていい案だよね。どこのお部屋でも必ず椅子とテーブルが置いてあって、みんなここでお茶を楽しむんでしょうね。いいな~♪


b0209033_13315738.jpgb0209033_13325563.jpg
















シベリウス公園。北欧って感じの白樺の木です。記念のモニュメントがありました。また歩いて移動します。

b0209033_13341713.jpg
岩をくりぬいて作られたテンペリアウキオ教会。ちょうど演奏会のリハーサルをやってました。ここにくるのは3度目。変わっていなくてうれしかったです。







お昼は、『かもめ食堂』の撮影が行われていた場所で。お店の名前は「カーヴィラ スオミ」といいます。カーヴィラとは、フィンランド語でカフェ、スオミとはフィンランドという意味。軽いフィンランド料理が食べられます。
途中の市場でパエリヤを食べてしまったので、スープとシナモンロールで済ませました。シナモンロールはよく食べられるものらしく、どこのカフェに行ってもあります。
日本人旅行者はたいてい行くと思うのですが、あまりお勧めはできません。
話の種にはなりますが、お料理はいまいちです。期待していたものとは違いました。

b0209033_13381447.jpgb0209033_13383357.jpg

















b0209033_13481584.jpg
遅い昼食をすませて、ヒエタラハティ・アンティーク&ホールへ。
私の目がハート。どれだけいても飽きません。手を出してはいけないと思いつつ、欲しかったものがあったので買ってしまいました。また後で紹介します。





b0209033_134782.jpg
歩き疲れたのでアカデミア書店に隣接する「カフェ・アアルト」でティータイム。
『かもめ食堂』でサチエがミドリにガッチャマンのテーマを教わる場面で使われたカフェです。
カップがオリジナルカップみたいです。ケーキにも惹かれましたが、夕食のために食べませんでした。
b0209033_13535391.jpg













b0209033_13542143.jpg
本の並べ方が日本とちょっと違うかな。










こちらで、主人が仕事に使う資料を買いました。
b0209033_13545823.jpg
フィンランド語英語辞典、フィンランド語日本語辞典、そのほかはすべて「フィンランド叙事詩 カレワラ」に関する本。
この叙事詩がラテン語やドイツ語などに翻訳されて、歌として歌われています。その資料として買いました。







b0209033_13595525.jpg
夕食はラップランド料理のお店「ラッピ」で。フィンランドのラップランド地方の人は、トナカイのお肉を食べるらしく、トナカイ料理がたくさんあります。
ここは、初めてフィンランドに行った時にも入った店。夜は必ず予約が必要なのに、知らずに突然訪れ、無理やり食べさせてもらった記憶があります。。。その教訓を生かし、今回は前日に予約をしてから行きました。


b0209033_1405578.jpg
トナカイのサーロインステーキをいただきました。少しくせのあるお肉で、ラム肉に似ています。ラム肉大好きな私にとっては、まったく問題ありません。羊の肉が苦手な人は難しいかもしれません。黒いライ麦パンがよくあいます。






2日目は、朝から夜まで観光。疲れはありましたが、夜はわりとゆったりと過ごせているので、寝れば疲れはとれます。PCを持って行き、インターネットにもつながっていましたが、PCに向かう気力はありませんでした。携帯も普通に使えましたけど、あえて使いませんでした。PCは、もっぱら夜寝る前にビデオを鑑賞する道具と化していました(笑)


つづく
b0209033_1451731.jpg

[PR]
by morie-fika | 2010-10-13 14:04 | 旅行 | Comments(0)

1日目ヘルシンキ

9月30日に無事帰国しました。
翌日から仕事の残務処理に追われてなかなか時間が取れませんでした。
時差ぼけも解消し、ようやくアップできます。


9月23日(木)成田の天候は雨

朝7:30に車で家を出発しました。
9:00に駐車場の予約を入れていたので、ちょっと急ぎめで。
大雨の中、1時間40分で駐車場に到着。
送迎のバスに乗り換えて成田空港へ向かいます。

b0209033_17195524.jpg




空港に到着。二人でトランク大2つ、小1つ、PCバッグに機内持ち込みバッグ3つ。結構大荷物です。重量制限は、トランク1つ20キロ。事前に計って20キロにして行きました。できるだけ軽くしたつもりが、行きから制限ぎりぎり。お土産はどうするのでしょう……。






b0209033_17223955.jpg
フィンランド航空でヘルシンキに直行です。
ところが、12:00出発の予定が、雷雲の影響で1時間ほど出発が遅れ、12:50頃に出発しました。
以前アメリカ行きで7時間遅れというのを体験したことがあるので、たいしたことではありませんでした。
これから、機内で9時間30分どうやって過ごしましょうか。


機内食2回、夕食と軽食。まあまあです。
お腹がすいていたわけではないんですが、やることがないので食べてしまうんですよねー。完全にブロイラー状態です(笑)

b0209033_1729873.jpg


途中2時間くらい寝ましたが、ほとんど起きていて、旅行計画を立てたりしていました。この時間が一番ワクワクします。


b0209033_17301915.jpg
そうこうしている間に、9時間30分が経ち、フィンランドのヘルシンキに到着しました。わりと時間の経過が気になりませんでした。
現地時間で17:30くらい。日本から7時間遅れですが、今はサマータイムなので6時間遅れ。
気候は曇り、気温は14℃。セーターとジャケットか薄手のコートが必要なくらいでした。

←この写真は空港のバスターミナル。ここからバスでヘルシンキの中央駅まで向かいます。前回は、エストニアから船で到着したのでとても楽だったのですが、今回はバスで移動です。


b0209033_17371441.jpg



今回ヘルシンキで滞在するラディソンBLUシーサイドホテル。
映画『かもめ食堂』で片桐はいりが自転車をかっ飛ばしていた通りの目の前です。
その名の通り、目の前には海があります。
まぁ、普通のホテルです。





b0209033_17404873.jpg

チェックインを済ませ、荷物を置いて夕食を食べに行きました。
フィンランド初日の夕食は、やっぱりフィンランド料理!
ということで、「コンスタンモルヤ」というレストランでブッフェで。
店内は古い木の内装にダウンライトでなかなか雰囲気のいいお店です。
ブッフェなのでメニューを解読しなくてすむので楽でした。



b0209033_17415933.jpg
私がいただいたのは、ラム肉の煮込み。奥に見えるのは、サーモンのスープ。サーモンは、この先度々出会いますが、サーモン大好きの私にはまったく問題ありません。
フィンランド料理で有名なチーズソースのかかったミートボールにマッシュポテト+ベリーソース(すっぱめ)もありましたが、これはスウェーデンでもありますし、どこかでお目にかかると思うので、別の料理を選択しました。
北欧のパンは、ライ麦を使ったずっしりと重みのあるパンがほとんど。白いふわふわのパンは、ほとんど見かけませんでした。十分に発酵させているせいか、酸っぱいです。少し慣れない香りがしますので最初は苦手でしたが、今では大好きになり、むしろ日本で手に入らなくて悩みます。


b0209033_17421090.jpg

おもしろかったのはこの食べ物。同じ店でパンだと思って食べたところ、なんとご飯。ご飯を何かの生地で包んで焼いた物のようです。味は少し塩味がきいている程度で、中はもちもち、外はぱりぱりの食感です。

これはなんだ?ということになり、お店の人に聞いてみたら「パリエラム」という食べ物だと教えられました。しかし、日本に帰ってきて「パリエラム」を調べてみたのですが、まったくわからず。

いろいろ調べた結果、どうも「Piirakka (ピーラッカ)」と呼ばれている食べ物らしい。全然違うでないの(-_-;)リスニング不足という訳でもなさそうですけど。

パイの一種で、ライ麦で作った皮の上に、炊いたごはんにジャガイモなどを乗せて焼いてありるらしい。お店で買うと1個50円ぐらい。確かにスーパーにもありました。


初日といっても、夕飯を食べて寝るだけでした。
着いたらすぐ寝られるというのは、とても助かります。

ホテルは、中級のホテルだと思いますが、いたって普通。特に問題はありませんでした。ただ、日本と比べれば、アメニティーグッズの補充が毎日されるとは限らなかったりしますが、それは日本のサービスがいいからだと思います。

翌日は朝から晩まで動きまくる予定なので、ホテルでおとなしく寝ました。

つづく
[PR]
by morie-fika | 2010-10-05 17:57 | 旅行 | Comments(0)


子育て、仕事、合間にヴォーグ学園で編み物の勉強(現在休学中)。全て手を抜いて全力!エストニア、フィンランド、スウェーデン。北欧好き。編み物や手作りの北欧時間をご紹介。


by morie-fika

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
編み物(完成記録)
編み物(経過)
編み物(ブックレビュー)
編み物(着用レポート)
編み物(その他)
ヴォーグ学園
手作り
食器
フルーツ
旅行
季節
食事
レシピ
ランチ・お弁当
常備菜
スイーツ
Tea
読書
出産・子供
ベビー用品
ムーミン
お店
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

Lenssongs
Selfish Life
1/f breeze
kitchen diary
Crochet a li...
ecca works

最新のコメント

>patrack-s様 ..
by morie-fika at 01:36
わわわ! とっっっても..
by patrack-s at 10:38
>あやの様 是非チ..
by morie-fika at 00:15
moriefikaさま ..
by あやの at 11:36
私が子育てと両立していた..
by morie-fika at 11:10
>あやの様 メッセ..
by morie-fika at 11:09
こんにちは。ヴォーグ学園..
by あやの at 21:55
>ココちゃんママ様 一..
by morie-fika at 19:26
夜中の出来事で大変でした..
by ココちゃんママ at 14:59
>patrack-s様 ..
by morie-fika at 21:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

また手を痛めました
at 2017-04-25 13:31
誕生日
at 2017-04-20 01:46
亀さんのおかげ
at 2017-04-16 07:21
ほんと尊敬する
at 2017-04-15 06:14
長い長いパンデミックだった
at 2017-04-10 04:27
マリメッコ
at 2017-04-02 09:36
ブランケット(1/3くらい)
at 2017-03-31 05:57
図書館にて
at 2017-03-24 09:34
いいことありそう
at 2017-03-23 09:13
ジミーさんのサイン会
at 2017-03-19 09:43
アンパンマンミュージアム
at 2017-03-17 22:37
何もできなくて切ない
at 2017-03-15 09:18
ブランケット(色一回りしました)
at 2017-03-13 14:09
姉妹の醍醐味 その2
at 2017-03-10 13:55
姉妹の醍醐味
at 2017-03-08 04:22
お祝いたくさん
at 2017-03-03 20:31
噂のハーゲンダッツ
at 2017-03-02 07:45
インプットとアウトプット
at 2017-03-01 07:24
あれこれ
at 2017-02-28 12:22
ブランケット(編み始め)
at 2017-02-27 01:51

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
スクール・セミナー

画像一覧